全国送料無料 | 会員様100円毎に5pt還元 | 新規登録390pt進呈

レギンスの選び方

ヨガレギンスの選び方

レギンスは、ヨガ、ピラティス、ダンス、ジムトレーニングなどのフィットネスだけでなく、ゴルフ、テニス、ランニング、ウォーキングなどのスポーツやレジャー、そして普段着としてなど、様々なシーンやスタイルに合わせることができます。スポーツウェアとしてもファッションとしても人気の高いレギンス選びで大切なことをご紹介します。

不快感がないこと

不快感がないこと

  • 肌触りがチクチクしない
  • 締め付けがキツすぎない

見た目がかわいいから、価格が安いから、という理由で買ったヨガレギンスも着用時に不快感があるようでは、結局はかなくなってしまいます。

動きに集中できること

動きに集中できること

  • ウエストや裾がズレてこない
  • しっかりとしたフィット感、伸縮性がある
  • 下着が響かない

ポーズ、フォーム、動きや表現など本来の目的に集中できないヨガレギンスでは意味をなしません。動作と気持ちを制限しないヨガレギンス選びが重要です。

トップスに合わせやすいこと

手持ちのトップスに合わせやすいこと

ジムやスタジオに行くときにヨガレギンスをはいて行かれる方は多いと思います。手持ちのトップスやバッグに合わせやすい柄だとラクチンです。

気持ちが上がるデザイン

気持ちが上がるデザインであること
(褒められ柄、好きな柄)

トレーニングは続けることが大切。気がすすまない時も気分をあげてくれるデザインのヨガレギンスはワークアウトの習慣化を助けてくれます。

購入しやすい価格

2枚、3枚と買い続けやすい、人にもお勧めしやすい価格であること

ワークアウトが習慣化されてくると、3枚、5枚とヨガレギンスが必要になってきます。同じブランド、サイズなら何かと安心。継続して購入しやすい価格は大事です。

SKALLER(スカラー)のヨガレギンスなら、
すべての希望が叶います。

サイズの選び方

サイズの選び方

※股上、股下、総丈は平置きメジャー採寸です
※ウエスト、ヒップは両脇の幅を測り、その値を2倍にした長さです
※伸縮性のある素材の為、多少の誤差がございます

サイズの選び方

サイズ選びで迷った際は、基本的に大きいサイズをおすすめしておりますが、SKALLER(スカラー)のヨガレギンスは伸縮性の高い素材を使用しているため、タイトなフィットがお好みの場合は小さい方のサイズを、ルーズなフィットがお好みの場合は大きい方のサイズをお選び下さい。

ヨガレギンス比較

あなたに合ったヨガレギンス選びを
価格帯 メリット デメリット
専門ブランドの
ヨガレギンス
¥13000〜20000
  • 品質が最高!!
  • サイズ展開も豊富
  • 満足感、安心感
  • 高価
国際的スポーツ
ブランドのヨガレギンス
¥5000〜15000
  • クールでスポーティー
  • ブランド感
  • 価格が高すぎない
  • 実店舗が多い
  • 大量生産(人とかぶる)
  • 前シーズンのがはきづらい
  • 着方によってはルーズにみえる
アパレルブランドの
ヨガレギンス
¥6500〜13000
  • スタイリッシュ・かわいいデザイン
  • 有名人やモデルが広告塔
  • 品質の割に価格が高い
  • 実店舗が少ない
SKALLERの
ヨガレギンス
¥4000〜5500
  • スタイリッシュ・かわいいデザイン
  • 品質が良い
  • ほどほどの価格
  • 人とかぶりにくい
  • 通販でしか買えない
ファストファッション
(SPA)のヨガレギンス
¥2000前後
  • 安価
  • 品質もそこそこ良い
  • シンプル
  • 大量生産(人とかぶる)
  • 種類が少ない
安価な量産型
ヨガレギンス
¥1000〜2500
  • 安価
  • 大手通販モール等で買える
  • ケバケバしい
    (Designed by China)
  • 欧米向けなので丈が長い
  • (Made for American)
  • 大量生産(人とかぶる)
  • 品質が悪い
  • ・型が立体的でないものも…
  • ・伸縮性が低くしんどい…
  • ・チクチク、かゆく…
  • ・色落ちが…

専門ブランドのヨガレギンス

価格帯 ¥13000〜20000

メリット デメリット
  • 品質が最高!!
  • サイズ展開も豊富
  • 満足感、安心感
  • 高価

国際的スポーツブランドのヨガレギンス

価格帯 ¥5000〜15000

メリット デメリット
  • クールでスポーティー
  • ブランド感
  • 価格が高すぎない
  • 実店舗が多い
  • 大量生産(人とかぶる)
  • 前シーズンのがはきづらい
  • 着方によってはルーズにみえる

アパレルブランドのヨガレギンス

価格帯 ¥6500〜13000

メリット デメリット
  • スタイリッシュ・かわいいデザイン
  • 有名人やモデルが広告塔
  • 品質の割に価格が高い
  • 実店舗が少ない

SKALLER(スカラー)のヨガレギンス

価格帯 ¥4000〜5500

メリット デメリット
  • スタイリッシュ・かわいいデザイン
  • 品質が良い
  • ほどほどの価格
  • 人とかぶりにくい
  • 通販でしか買えない

ファストファッション(SPA)のヨガレギンス

価格帯 ¥2000前後

メリット デメリット
  • 安価
  • 品質もそこそこ良い
  • シンプル
  • 大量生産(人とかぶる)
  • 種類が少ない

安価な量産型ヨガレギンス

価格帯 ¥1000〜2500

メリット デメリット
  • 安価
  • 大手通販モール等で買える
  • ケバケバしい
    (Designed by China)
  • 欧米向けなので丈が長い
  • (Made for American)
  • 大量生産(人とかぶる)
  • 品質が悪い
  • ・型が立体的でないものも…
  • ・伸縮性が低くしんどい…
  • ・チクチク、かゆく…
  • ・色落ちが…

5000円以下のおしゃれで高品質ヨガレギンス

5000円以下のおしゃれで高品質

ヨガレギンス

SKALLER(スカラー)だけ!

PICK UP おすすめレギンス

REVIEWSご利用シーン

自分の感覚を信じ、自分の頭で考え行動する。
流されない、怖れない、誰かのせいにしない。
そんな人を応援します。